Posted on

さまざまな方法を試してみる

自分に合った育毛は、自分の薄毛のタイプによって変わってきます。原因を特定できれば対策が見えてきますが、育毛対策を開始する段階では見極めができないことが多いです。さまざまな育毛方法を試していくうえで、自分に最適な方法を模索していく必要があります。例えば育毛シャンプーを1ヶ月使用してまったく変化がない場合は、育毛剤を試したり生活習慣を改善したりする対策に変えてみましょう。

生活習慣の乱れは今すぐに改善を

生活習慣の乱れは髪質にそのまま反映されるので注意してください。抜け毛やパサつきが気になる人は、不規則な生活が原因かもしれません。食生活が乱れていると髪質に影響するので、髪の原料となる良質のタンパク質を補給しましょう。肉類はコレステロールを増やす原因になるので、青魚や豆類から補給していくのが得策です。さらにビタミンB群と亜鉛を十分に補給し、代謝を上げていく必要があります。

ストレスのない生活を意識しよう

育毛サロンで頭皮チェックを受けると、その場で薄毛の原因を特定できます。ストレス性の薄毛だと指摘された場合は、ストレス解消が最大のケアになります。日常生活において大きなストレスを抱えている人、夜にぐっすりと眠られない人、日中に眠気を感じる人などはストレスを過剰に溜め込んでいる可能性が高いです。自律神経に乱れが生じるとターンオーバーが崩れ、毛母細胞の元気に影響してきます。ストレス解消のためには適度な運動が適しており、1日20分くらいのウォーキングをするだけで自律神経の安定、ストレス解消などが期待できます。

育毛とは、主に頭に毛が少ない人や無い人が毛を生やしたいと思い、自分の毛を生やし育てるときに使う言葉です。