Posted on

日焼けした肌で受ける施術

脱毛の施術方法はサロンによって異なりますが、光脱毛を受ける場合に気を付けなくてはいけないのが日焼けです。光脱毛は機械から照射されるレーザーは黒い色素に反応する仕組みとなっています。そのため、日焼けによって肌が黒くなってしまうと脱毛する部位以外の場所にも反応してしまうという理由で施術を断られてしまうケースも少なくありません。日差しが強い夏場に施術を受ける時は、外出などで日焼けをしないように注意が必要です。

施術前の入浴による体温の上昇

脱毛サロンで施術を受ける人の中には、清潔な状態で行くために事前に入浴を行う人もいますが、これもやってはいけないポイントの一つです。一見すると無関係のようにも思われますが、入浴した直後の人の皮膚は水分が失われた乾燥した状態となっています。こうした外部からの刺激に弱い肌状態でレーザーを照射すると、ダメージを受けてしまって火傷などを起こしてしまうこともあるのです。また、入浴によって体温が上昇すると痒みや湿疹といった症状が出ることもあるので、入浴は前日までに済ませておかなくてはいけません。

体調を万全にしておく

光脱毛は平均100℃前後の高熱を患部に照射して毛根を溶かす形で行われます。レーザーは患部だけに当てられるので痛みや熱さを感じることはありませんが、風邪などで発熱した状態で施術を受けると体調が悪化してしまうこともあるので注意が必要です。安全に施術が受けられるかどうかは健康状態によって変わってくるので、体調が思わしくない場合には施術を受ける前にしっかりと伝えて判断を仰ぐ必要があります。

医療脱毛といえば予約が取りずらい、というイメージの方もいると思います。しかし、医療脱毛を千葉で行えば都心で行うより待ち時間を減らせます。