Posted on

オールインワンジェルの使い方

水分を与えてキメを整える化粧水、潤いキープ力を高める美容液、皮膚の表面に潤いベールを覆って水分を閉じ込めるクリーム、ファンデーションと肌を密着させる化粧下地など、オールインワンジェルはスキンケアにおける様々な役割を担ってくれる万能アイテムです。使い方についてですが、洗顔後に顔全体に馴染ませるだけでOKです。スキンケアをたったの1ステップで終わらせることが出来るので、仕事や育児で忙しい女性の救世主となってくれるはずです。たっぷりと塗りパックとして使用しても良いですし、マッサージクリームとして使うことも出来ます。固定概念にとらわれることなく自分なりに模索して、ベストな使い方を見つけてみましょう。

オールインワンジェルのメリット・デメリット

オールインワンジェルをスキンケアに取り入れることのメリットとしては、基礎化粧品を何個も買い揃える必要がなく経済的、1ステップで完了するので肌に余計な負担をかけずに済む、手間と時間の節約になり生活が楽になるなどがあります。デメリットを強いてあげるとすれば、物足りなさを感じるということでしょうか。乾燥肌の人にとっては、潤い不足を感じるかもしれません。少し物足りなさを感じる場合は、オールインワンジェルを塗る前に導入美容液をプラスしたり、目元や口元など乾燥が気になる部分に丁寧に重ね塗りをしたり、オールインワンジェルを塗った後に濃密な保湿クリームを重ねたりなどの一工夫を加えましょう。ちょっとした一工夫で保湿力が一気に高まります。

オールインワンジェル」はこれ1本で角質ケア、保湿ケアのできるオールインワンジェルです。初回特別価格で格安に試すことができ、綺麗を実感したら定期コースに申し込みをすればいいので、賢く肌ケアができます。