Posted on

オールインワンジェルのメリット

オールインワンジェルとは「化粧水」「乳液」「美容液」などの役割を1つにまとめた商品のことで、多数のメリットを持ち合わせます。何より注目したいのが、「1つにまとめている」ことから生まれる、スキンケアの手軽さとコスパの良さです。従来は「洗顔をしたら化粧水を塗り、そのあとに乳液を使い、さらに美容液を」というように、スキンケアに必要となるステップは多数存在し、忙しい人にとっては、時に大きな手間になってしまいます。しかし、オールインワンジェルのように複数の役割をすべてカバーできれば、必要なステップを1つで完結させることができます。

また、1ステップで済むというのは、肌への摩擦の回数や時間も減らせることにもなるので、肌への負担の軽減にもなるという副次的な恩恵も受けられます。さらに、オールインワンジェルを使えば、これまでのように何種類も商品を買う必要もないので、お財布にも優しいというのもありがたいポイントです。

オールインワンジェルのデメリット

万能に見えるオールインワンジェルにもデメリットはあります。「カスタマイズ性にやや劣る点」と「肌に合わなかったときの対策がしにくい点」です。通常のスキンケアのように個々の役割が独立している場合なら、肌の状態に合わせて「化粧水を多めに」「美容液を多めに」というカスタマイズがしやすい一方、オールインワンジェルのように1つにまとまっているとその調整がしにくくなります。また、単体で多くの役割を担うためには、含まれる成分も多種多様になることは避けられません。万が一、肌に合わなかった場合に、どの成分が自分の肌と相性が悪いのかを特定するのが難しくなる可能性にも目を向ける必要はあるかもしれません。

歳を重ねるにつれて気になってくるシワやシミ、その改善に有効な成分を含んだ医薬部外品のオールインワンジェルが「オールインワンジェル」です